Doorkeeper

【中国進出企業必見】等級保護認証はどう取得するのか? 自社インフラ、AWS中国、Azure中国、AlibabaCloud、取得フローと技術要件を徹底解説

2022-11-29(火)15:00 - 16:00 JST
オンライン リンクは参加者だけに表示されます。
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

1人の参加者

すべて見る
1人のアカウント非公開の参加者

詳細

bnr_webinar20221129_1200x630-2 (1).png

【等級保護 完全攻略 全2回:中級編】
中国サイバーセキュリティ法 等級保護認証
等級保護認証はどう取得するのか?
自社インフラ、AWS中国、Azure中国、AlibabaCloud、取得フローと技術要件を徹底解説

■等級保護認証とは?

等級保護制度とは、中国サイバーセキュリティ法の第21条に定められたネットワーク運営者が順守すべき基本制度です。中国国内で運用するWebサイトや基幹システム、自社ネットワークを含むシステムに対し、安全等級保護評価の実施が義務付けられています。
等級は対象となるシステムのインシデント発生時の影響範囲をもとに1〜5級に区分され、2級以上の場合には公安局への届出・第三者認証機関からの評価を受けることが義務付けられています。

■セミナー概要

本セミナーでは初級編に続き、「認証取得はどう進めるのか?」「自社システムに満たすべき要件とは?」「必要なセキュリティプロダクトは何か?」といった、日系企業のご担当者様が抱える課題について解説します。
また、AWS中国、Azure中国での等級保護取得のための構成についても言及します。

本セミナー解説ポイント

  • 等級保護認証を取得する流れとは
  • 等級保護認証を取得するために必要な要件とは
  • AWSやAzureでも認証取得を進めることはできるのか?
  • 具体的に何が必要でどんな構成にすれば良いのか?

コミュニティについて

株式会社クララオンライン:中国領域

株式会社クララオンライン:中国領域

中国領域に関するセミナーを開催いたします。 日本と中国のインターネット通信事情は大きく異なります。 グレートファイアウォールや中国サイバーセキュリティ法などの多くの制限があり、VPNサービスに対する規制や日中間の通信帯域不足による通信遅延など、日中間の通信には様々な課題が存在しています。 クララオンラインは、中国に子会社・パートナー社を持ち、25年にわたる中国でのインフラ支援実績が多数あ...

メンバーになる